注目キーワード
  1. 巨乳
  2. 熟女
  3. 人妻
  4. 可愛い
  5. バック

特別なことをしてもらえるという甘えの感情が生まれる関係

こんばんは。管理人の陶子です。

もう12月なんですよね。早いです。このサイトもようやく半年たちました。いろんなジャンルの動画をご紹介させていただいております。若い女の子や熟女の素敵なお姉さん、または男性メインの動画などなど。

日頃、表立って言えない性的な感情をこちらで吐き出させていただく形になってます。まだまだ皆さんと共有したいエッチな動画がありますので、お付き合いくださいね。

最近、「愛情」の形って色々な形としてあるのだなと知ったOL陶子です。

それはまた後日、ゆっくりお話しするとして

今夜は私がお慕いしているご主人様と初めて夜の外食デートをしたときのお話をしますね。

出会った頃になりますが、普段はあまり会えないので特別に夜にお食事しましょうということになりました。そこのお店は普段、絶対にいくことはないだろうというような場所でした。どこかの政治家が使う料亭?え〜、いいのって感じの場所でした。そんな場所へ私なんかを‥と思いつつタクシーに乗り、個室のあるお店へ。

そして、そう、またこの夜のお食事デートのお決まりとして

ノーパン、ガーター姿でという痴女としては「やってみたい」という心くすぐられるシチュエーションでの逢瀬になりました。

そしてお股にはあるものを。

お店に着いたら身につけてね、と。とあるものを手渡されました。

バイブです。

遠隔操作のできるバイブでした。

高級料亭でそんなものを身に付けるなんて、なんて卑猥なことをと思いましたが、それを楽しんでみてるご主人様と私。

御座敷で聞こえる、微かなローターの電動音、我慢しながらも食事をする私。

それを眺めながら会話を楽しむ彼。

なんだか贅沢な時間です。

このバイブは自分でもちろん膣の中に装着します。掘りごたつ式だったので、着席して自分で好きな場所に充てるのです。

見計ったようにリモコン操作をスタートするご主人様は真顔なのに、手はリモコン操作で遊んでます。

強弱がつくバイブなので、その波で感じる度合いが変わります。

ブルブルと振動が気持ちよく、密室でそんないやらしいことをしている雰囲気も楽しめた時間でした。

こういう行為を喜ぶと知ってるのは、やっぱりご主人様しかいないなと思いました。

激しいSM行為はしてないのですが、調教的なことで私が喜ぶ体質なのを知ってる。それを体験させてくれるというのが離れられない理由です。

して欲しいという願望が「特別」なことで、それを受け入れてくれる関係があるって良いって思いませんか?

また、新しいドキドキを味わいたいなって思う陶子です。